神戸ARTレディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症Q&A

稽留(けいりゅう)流産について

稽留(けいりゅう)流産について

尿反応で妊娠は確認できていますが、超音波で胎嚢が見えません。高温期は続いています。下腹部に生理痛と同じ痛みを1時間に何回か感じるのですが、大丈夫でしょうか?

妊娠して超音波で子宮内に胎嚢が見えるようになるのは、一般的には5週の前半(排卵から3週間)ですが、場合によっては遅くなることもあります。妊娠初期に軽い痛みがあるのは一般的です。これは子宮が大きくなって靭帯(じんたい)などが引っ張られるためだと考えられています。強い痛みや出血があれば、流産や子宮外妊娠の可能性がありますから、すぐに産婦人科を受診された方が良いと思います。

6週に入りましたが、胎嚢の中に胎児が確認できません。先生には流産かも、といわれていますが、何時の時点で見えなければ、流産なのでしょうか?

6週ではまだ卵黄嚢が見えて胎児が見えないということもあります。7週になればほぼ確実に胎児の心拍が見えるようになりますが、これも「ほぼ」がつきます。8週になって万一胎児、胎児の心拍が見えないと稽留流産といって胎児が育っていない状態を考えなければなりません。

人工授精で妊娠したのですが、昨日の診察で「8週だと通常なら15ミリくらいにならないといけないのに、9ミリしかない。だめかもしれません」といわれショックでたまりませんでした。少しずつでも成長していて、出血も腹痛もないのに、堕(お)ろさないといけないのですか?

残念ながら、妊娠しても赤ちゃんが十分に育たないということは時々あります。原因は断言できませんが、赤ちゃん自身の生命力が足りないことが多いようです。さて、8週で9ミリというのは小さいです。でも心拍が見えている限りは子宮内用除去術を行う必要はないと思いますが、心拍が止まってしまうと、稽留流産という状態になり、子宮の中の感染などが心配ですから、手術あるいは薬で子宮の中を綺麗(きれい)にする必要があります。

8ヶ月前に7週で流産し、そしてまた今月同じく7週で流産しました。前回のときは内膜掻爬をしたのですが、今回は必要ないといわれました。何が違うのでしょうか?

病院の方針によって違います。赤ちゃんが出てしまっている時には手術の必要がないことが多いようです。流産の後、内膜掻爬をすると、後で子宮内膜が薄くなることがあるので、私はなるべく掻爬をせず、薬で処置するようにしています。

だいたい一定の周期で生理になりますが、今回は生理の時期に入ったのですが、体温は高温期のままで3日ほど過ぎました。そして生理のような薄い茶色の血が少し出ます。これは何でしようか?

妊娠した場合、月経の予定のころに少量の出血があることがあります。これは普通は心配ないのですが、ごく初期の流産の可能性も完全には否定できません。1度市販の妊娠検査薬を使ってみて、もし陽性なら、産婦人科を受診されてはいかがでしょうか。陰性なら、生理が少し遅れてきただけと考えられて良いでしょう。

先月の排卵から1週間後にいつもより長く大きな下腹痛があり、着床の痛みかと期待したのですが、生理は規則正しくきて結果的には妊娠はしていませんでした。この下腹痛は受精して着床するのに失敗した、ということではないのでしょうか? また、妊娠がわかる4週ごろまでの期間で気をつけて生活するべきことはあるのでしょうか?

受精は身体の中で起こりますし、卵子も精子も非常に小さいので受精したかどうかを確かめる方法はありません。卵子に精子が受精するのは排卵した直後です。受精した卵子は子宮に運ばれて、排卵後5、6日目に子宮に着床しますが、これも確認する方法はありません。着床に際して痛みなどもありません。この時期の異常は流産とは呼びません。受精障害、着床障害といいますが、診断することは現在の医療では不可能です。また、1度着床した後、流れることも考えられますが、早期の場合には診断できません。これが月経のころに起こった場合にはHCGというホルモン(妊娠検査薬で調べるホルモンです)を調べて、陽性でかつ月経がきた場合にはごく初期の流産の診断がつきます。ただ、ごく早期の流産は防ぐ方法がありません。高温期にこれに気をつけなければならないということも特にありませんが、強いていえば無理をしないことくらいでしょうか。

お問い合わせフォーム