神戸ARTレディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

検索

Q. PGT-A(着床前染色体異数性検査)ってなんですか?

A. PGT-Aは受精卵の染色体に異常がないかどうかを調べる医療技術です。
PGT-Aは、体外受精の際、移植する前に受精卵の染色体を調べて、異常がないことを確認するための技術です。染色体の数的異常を見つけます。
受精卵の細胞の一部を取り出して調べ、染色体数などの異常がないと判定された受精卵を子宮に移植することで、移植後の着床率、妊娠率を上げ、流産率を下げられます。
一般的な体外受精に、PGT-Aという受精卵の検査が加わっただけなので、全体的な流れやカップルが受ける体への負担は通常の体外受精とほとんどかわりません。