大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の検査

基礎体温表

基礎体温表は、毎朝、目が覚めたとき、他のことを始める前に婦人体温計で体温を測定して専用の表に記入していただきます。朝起きる時間がまちまちでも、体温を測る前に体さえ動かさなければかまいません。基礎体温をつけていると排卵が起こったかどうかを知ることができます。

また、基礎体温表の効用は排卵が起こっているかどうかを知ることができるだけではありません。不妊症の治療を行う場合は女性の月経周期にあわせて、その時にだけしか行えないさまざまな治療や検査があります。例えば、子宮卵管造影は卵胞期、つまり月経が終わって排卵が起こるまでの間しか受けることができません。基礎体温表がないと、検査の前の出血が本当に月経だったのか、それ以外の原因の出血だったのかはっきりしないこともありますし、検査当日が本当に排卵日の前なのかどうかも確認できません。ですから基礎体温がなければ検査が受けられないこともあります。また、人工授精による治療を受ける場合には、排卵の直前に治療を受けなければあまり意味がありません。この場合も、基礎体温を何周期かつけていると排卵の日が予想できますから、その少し前からもっと詳しく排卵の時期を知ることのできる検査を受けて、もっとも妊娠しやすい日に人工授精を受けることができるようにします。

基礎体温で高温期が短い場合には、黄体機能不全といって黄体から出るホルモンが不十分なために妊娠しにくい状態が考えられます。その他にも基礎体温から得られる診断の手がかりはたくさんあります。基礎体温は不妊症の治療を受ける際に、大切な情報を知らせてくれるバロメーターのようなものです。基礎体温を毎日つけていただくことは不妊症の治療の第一歩ともいえるでしょう。

しかし、だからといって基礎体温をつけることにあまり神経質になる必要もありません。朝、体温を測るのを1~2回忘れたからといって基礎体温の価値が下がるものではありません。基礎体温をつけることが精神的な負担になってしまってはかえって逆効果です。気軽に、できる範囲でつけてください。

なお、基礎体温をつけるときには、体温だけでなく月経や不正出血、おりものなども忘れずに記入してください。これらのことが記入されていると診断に大変参考になります。