大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

高度生殖医療(ART)

胚盤胞移植

自然妊娠が起こるときには卵管膨大部で受精した卵子は卵管のなかで分割し、子宮にたどり着くまでの5~6日の間に着床直前の胚盤胞という状態にまで育っています。一方、普通の体外受精や顕微授精では採卵後2~3日目の分割卵の段階で受精卵を子宮に戻すことが多いのですが、これは人の受精卵は子宮の中でも卵管の中と同様に卵の分割、成熟が可能だからです。また、以前の培養技術では体外で培養するより、早めに子宮の中に戻した方が妊娠率が高かったということもあります。

しかし、培養技術の改良により受精卵を5~6日まで培養して、良好な胚盤胞まで育てることができるようになりました。この胚盤胞の状態まで培養してから子宮に戻す方法が胚盤胞移植です。

良好な分割卵を戻しても妊娠されない方では子宮の中で受精卵がうまく発育していない可能性が考えられます。こういった場合には胚盤胞移植で妊娠される確率が高くなります。

また、胚盤胞まで育った受精卵は一個当たりの着床の可能性が高いので、一般の体外受精のように2個受精卵を移植しなくても、1個移植しただけでも高い妊娠率が得られます。三つ子などの多胎妊娠を防ぐのにもこの方法が役立ちます。

胚盤胞
胚盤胞