大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

高度生殖医療(ART)

顕微授精

体外受精は精子の状態があまりよくない方にも有効な治療法ですが、これは精液の中から元気な精子だけを集めて卵子に受精する機会を作ってやるので、もともとの精液の中に元気な精子が少なくても、卵子に出会う精子の数を多くすることができるからです。しかし、こうやって元気な精子を集めようにも、どうしても十分な数の元気な精子が集まらない方もいらっしゃいます。精子が卵子を受精させるには卵子の周りの透明帯という厚い膜を破って卵子の中に入らなければなりません。この透明帯は何匹もの精子が持っている酵素の力が働いて、やっと通れるようになります。元気な精子が十分に集まらなければ、この膜を精子が通過することができないのです。


男性側の原因によるこうした不妊症は案外多いものです。男性の精液の状態が非常に悪い場合には、薬などで男性の治療をしてもなかなか精液の状態は良くならず、自然妊娠は難しいことが多いようです。しかし、重症の男性不妊症でも顕微授精を行えば妊娠できます。

顕微授精では、透明帯の内側に精子を入れてやって、精子が自分で透明帯を破らなくても受精できるようにします。ですから、精液の中に1匹でも精子がいれば妊娠が可能です。

また、十分な精子がいて、通常の体外受精を行っても、原因不明のまま受精しない方もいらっしゃいます。このような場合も、顕微授精を行うと受精して妊娠ができるようになります。

顕微授精を実施する大谷徹郎医師 NHK教育放送「サイエンスアイ」から
顕微授精を実施する大谷徹郎医師
NHK教育放送「サイエンスアイ」から

顕微授精は以前からさまざまな方法が研究されていましたが、その中で最も妊娠の可能性の高い方法は、卵細胞質内精子注入法(ICSI)という方法です。この方法では精子を1匹、直径5ミクロン位の非常に細いガラスの針の中に吸い込みます。顕微鏡で見ながら正確にコントロールして、この針を卵子の細胞質の中に入れます。針の先が細胞質の中に入ったのを確認すると、針の中の精子を卵子の中に注入します。精子が入ったあとは通常の体外受精と同じで、次の日に受精卵の確認をし、さらにその何日か後には発育した受精卵を子宮の中に戻します。

卵細胞質内精子注入法(ICSI)では、卵子を受精させるのに必要な精子の数は卵子1個あたり1匹ですみますから、精子の数が特に少ない重症の男性不妊症の方でも妊娠できます。

顕微授精には高い技術を要しますが、大谷レディスクリニックでは神戸ではじめて卵細胞質内精子注入法(ICSI)による顕微授精に成功しました。以後、常に技術を研鑽し、最新の設備の導入とあいまって常に高い妊娠率を維持しています。

精子の数が少ない、あるいは運動している精子の割合が少ないため妊娠が難しいといわれている方は、この卵細胞質内精子注入法(ICSI)による顕微授精を受けることをお勧めします。精子の状態の悪い方もこの方法でどんどん妊娠されています。