大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の治療

子宮の異常による不妊の治療

子宮筋腫の治療

子宮筋腫があってこれが妊娠を妨げているという場合には子宮筋腫を切除する必要があります。これには開腹して子宮筋腫をとってしまう方法と、子宮の入り口から特殊な子宮鏡を挿入して筋腫をとる方法があります。

子宮の入り口から筋腫をとる方法はお腹に傷が付かないので、あとが楽なのですが、この手術ができる筋腫とできない筋腫があります。あまり大きくなくて子宮の内側に突出している筋腫の時にこの手術が可能です。

開腹すればかなり大きな筋腫でも子宮を残してとってしまうことができます。

子宮腺筋症の治療

子宮内膜症が子宮の筋層の中にできてしまった状態を子宮腺筋症といいます。月経の度に子宮の筋層の中に出血しますから、月経痛が強く、また、子宮が大きく腫れてしまいます。子宮腺筋症がひどくなると着床しにくくなるために、不妊の原因になります。

子宮腺筋症の治療は子宮内膜症の薬物療法と同じでスプレキュア、ナサニール、リュープリン、ダナゾールといった薬を使って4~6ヶ月月経を止めます。月経が止まっている間に子宮が小さくなりますが、効果は一時的ですので治療が終わったらなるべく早く妊娠するようにします。

子宮の形態異常の治療

双角子宮、中隔子宮などで何回も流産したり、妊娠されない期間が長かったりするときには手術を考える必要があります。手術には開腹して行う手術と、子宮鏡で見ながら不要な部分を削り取る手術があります。子宮鏡の手術の方が体への負担が少ないのですが、子宮の状態によっては開腹しないと手術できない場合もあります。

子宮内膜ポリープの治療

子宮内膜ポリープは子宮の入り口から挿入した鉗子で簡単に取ってしまうことができます。外来でできる簡単な日帰り手術です。