大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

お知らせ

日本産科婦人科学会の不適切な「処分」について

体外受精に際して受精卵の染色体全部の数を調べて、着床しない、あるいは流産しやすい事が明らかな受精卵を避けて、着床しやすくて流産しにくい受精卵を子宮に戻す事は、世界的に実施されており、その有効性は多数の権威ある論文で証明されています。妊娠しやすくて流産しにくい治療を受けることは患者様の基本的人権です。
患者様の基本的人権を尊重して、医学的に正しい治療を実施した事を理由に処分をするなどと言うことは常識的にはおよそ考えられない事態で、日本産婦人科学会が世界の医療から孤立して、閉鎖的体質に陥っていることを自ら公表したようなものです。 私は患者様の人権を守るため、日本産婦人科学会の処分とは関係なく、最新のNGS法による流産しにくくて着床しやすい受精卵を子宮に戻す治療を続ける所存です。
大谷レディスクリニック
大谷徹郎

なお、今回の「処分」は不妊治療、体外受精、着床前診断、特定不妊治療費助成金などには全く影響はありません。