神戸ARTレディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症Q&A

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)について

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)について

1年半子供ができないため、産婦人科に行ったところ、多嚢胞性卵巣だといわれました。この多嚢胞性卵巣になったきっかけというものはあるのでしょうか? また、いつごろからなったのでしょうか?

多嚢胞性卵巣が発症するメカニズムははっきりとはわかっていませんが、卵巣でインスリンがうまく働かなくなるのが原因の1つであると考えられています。ただ、何がきっかけで多嚢胞性卵巣になるのかはわかっていません。多嚢胞性卵巣になった時期は、月経が不順になった時期と考えて良いでしょう。

現在、多嚢胞性卵巣ということで治療をしています。今月上旬にクロミッド2錠を5日間服用いたしましたが、体温が上がる気配がありません。これからどのような治療が行われるのか不安です。

多嚢胞性卵巣は非常に多い排卵障害で、治療法には何通りかあります。まずクロミッドが第1選択薬として使われ、多嚢胞性卵巣の患者さんのうち50~60パーセントの方が排卵されます。クロミッド1錠で無効の場合、クロミッドの量を3錠まで増やします。それでも排卵しない場合には、HMGという注射の排卵誘発剤を使う、クロミッドと他の薬を併用するなどの治療を行います。腹腔鏡で卵巣にたくさん小さい穴を開ける治療もきわめて有効です。これは入院が必要です。多嚢胞性卵巣の場合何らかの手段で排卵誘発は可能です。

生理不順で近所の不妊症の専門の先生に通っています。卵管造影をして、卵管の周囲に少し癒着が見られるが、自然妊娠は可能とのことでした。先日、多嚢胞性卵巣といわれました。クロミッドを日に3錠、5日間、飲みましたが効き目がなく、排卵もせず、体温も上がりません。これからどの様な治療があるでしょうか?

多嚢胞性卵巣でクロミッド3錠で排卵しない場合、メトホルミンという糖尿病の薬を併用すると有効な場合があります。これは多嚢胞性卵巣の方ではインスリンという糖尿病と深い関係のあるホルモンが、卵巣で作用しないためだと考えられています。それでもだめならHMG-HCGという排卵誘発剤の注射で治療を行うか、あるいは腹腔鏡で卵巣に小さな穴をいくつか開ける手術の適応になります。多嚢胞性卵巣の方にHMG-HCG療法を実施すると、副作用として卵巣過剰刺激症候群が心配です。これが起こると卵巣が腫(は)れて場合によって腹水が貯まる可能性があります。またこの治療では、多胎妊娠の可能性も考えられます。HMGを使うにしても最初は少量、または1日おきくらいに使った方が副作用の確率は少なくなります。なお、HMGだけでは副作用はほとんど起こりませんので、あまりたくさん卵胞が大きくなった時には、HCGの注射をやめて、その月の排卵はあきらめることもあります。腹腔鏡で卵巣に小さな穴を開ける手術を行うと、自然に排卵するようになったり、排卵誘発剤を必要としてもごく少量ですむようになったりします。大きな副作用はありませんが、入院が必要です。しかし残念ながら、手術の効果は術後2年程度です。多嚢胞性卵巣の場合、卵巣過剰刺激症候群の危険性などでせっかく注射等をしていても見送らざるを得ない周期が出てくることもありますが、排卵は絶対に可能なはずなので、諦(あきら)めずに頑張りましょう。

ある病院で多嚢胞性卵巣と診断を受けその後、人工授精、体外受精をしましたが、妊娠することができませんでした。(AIH14回、体外受精2回)。私の場合、排卵誘発剤を飲めば内膜が薄くなり、注射を打てば卵ができ過ぎるという問題が出てきます。たくさん卵ができるからと体外受精をすると、今度は分割卵を子宮に戻すときに採血をした結果、黄体ホルモンの数値が高いとのことでした。こんな私でも、まだ妊娠の可能性があるかどうかだけでも教えてください。今は身体と心を休めるために中断しています。

卵巣に卵胞がある限り妊娠の可能性はあります。適切な治療を受けられれば、妊娠の可能性は高いと思います。多嚢胞性卵巣の方の場合、腹腔鏡で見ながら卵巣にレーザーなどで小さな穴をたくさん開けると自然に排卵するようになる可能性が高く、体外受精の際に排卵誘発剤を使っても卵胞ができ過ぎるということはなくなります。体外受精に2度失敗されたとのこと。つらいですが、胚盤胞移植、2段階胚移植、レーザーアシステッドハッチングなどの導入により、妊娠率は最近急上昇しています。

去年の夏、生理がおかしくなって診てもらったら、多嚢胞性卵巣だといわれました。確かに避妊していないにもかかわらず私は子供ができたことがありません。生理がおかしくなり始めたころから、ニキビがよくできるようになりました。男性ホルモンが高いともいわれましたが、治療法はありますか?

多嚢胞性卵巣では、LHというホルモンとともに、男性ホルモンが高くなることが知られています。男性ホルモンを下げる治療はなかなか難しく、まず、排卵するように治療を受けられるのが先決です。男性ホルモンを下げるための治療としては、(1)ピルを服用する。(2)ステロイドホルモンを使う。(3)スピロノラクトンという薬を使う。(4)塩酸シプロテンという薬を使う――などがありますが、(1)と(4)は排卵しなくなってしまいますし、(2)と(3)は副作用が心配です。排卵をきちんとするような治療を受けるのが1番です。

現在多嚢胞性卵巣による排卵障害のため、治療をしています。クロミッド服用を3周期行いましたが、それでは効き目がないということで、先月初めてHMG-HCGを行いました。月経10日目で排卵しましたが妊娠には至りませんでした。毎月行うと卵巣が腫れるおそれがあるということで、今月はクロミッドを使うようにいわれました。私としては毎月1回のチャンスを無駄にしたくないので毎月排卵するような方法をとりたいのですが、やはり毎月HMGを注射するのはだめなのでしょうか?

特に多嚢胞性卵巣の方ではHMG-HCG治療をした後に、排卵できなかった小さな卵胞に水が貯まり、卵巣に黄体嚢胞ができることが多くあります。これ自体は全く問題ないのですが、次に発育してきた卵胞との見分けがつかなくなってしまうので、連続してHMGを使うのは難しいことが多いようです。また毎回HMGを使っているとHMGの効きが悪くなるような印象もあります。お気持ちはわかりますが、毎回のHMGはやめられた方が良いでしょう。

生理が3ヶ月ないのは多嚢胞性卵巣のせいだから、力ウフマン療法をしましょうといわれました。この治療をすると治るのですか?

多嚢胞性卵巣になると卵巣での卵胞の発育が途中で止まり、少し大きくなりかけた卵胞がたくさん卵巣に貯まりますが、どの卵胞も排卵に向けて大きくなることができません。卵胞が大きくならないと排卵しませんから、卵巣からの周期的な女性ホルモンの分泌がなくなり、月経がこなくなります。多嚢胞性卵巣になると下垂体からのLHというホルモンと卵巣からの男性ホルモンの分泌が亢進(こうしん)しますが、カウフマン療法、あるいはピルの服用を行うと下垂体からのLHの分泌が抑制され、卵巣からの男性ホルモンの分泌も低下します。また、服用中は月経もきちんとくるようになります。しばらくこの治療を続けるだけで、自然に排卵するようになることもありますが、やめると元のように月経不順になる方も多いようです。

多嚢胞性卵巣の治療のために、カウフマン療法を始めることになりました。しかし治療をしている間は排卵がないので、妊娠はできないといわれました。一刻も早く妊娠したいのに、なぜ排卵しないような治療をするのですか?

カウフマン療法では卵胞ホルモンと黄体ホルモンを服用していただきますが、卵胞ホルモンを服用すると、排卵の中枢である視床下部が十分な量のホルモンが血中に分泌されているからこれ以上卵巣が働かなくて良いと判断し、卵巣に卵胞を大きくして排卵しなさいという指示を出さなくなります。このカウフマン療法を数ヶ月続けることで人工的にホルモンバランスを整えます。この治療をしばらく続けると、やめた後にホルモンのバランスが改善されて、自然に排卵するようになることがありますが、過大な期待は禁物です。もし妊娠をお急ぎでしたら、排卵誘発剤などの他の治療がベターかもしれません。

以前クロミッドを使用した周期で8週目の流産を2回繰り返し、そこの病院で多嚢胞性卵巣といわれました。多嚢胞性卵巣は妊娠初期の流産と関係ありますか?

多嚢胞性卵巣は排卵しにくくなる病気です。原因はわかりませんが、月経が不順になり、場合によって多毛、男性化、肥満などが起こることもあります。もし多嚢胞性卵巣だとしても、クロミッドで排卵するようなら軽症でしょう。流産と多嚢胞性卵巣はあまり関係ないと考えます。多嚢胞性卵巣では妊娠はしにくいのですが、妊娠してしまえば流産の可能性は一般の方と変わりません。

半年前に生理がきて、それ以後ストップしてしまいました。病院で内診、血液検査をした結果、多嚢胞性卵巣と診断されました。結婚し、妊娠を希望した時、排卵を起こすように治療が必要だろう、今妊娠を希望していないなら特に何も必要ない、といわれました。結婚するまで、このまま放っておいても良いのでしょうか?

多嚢胞性卵巣は非常に多い病気です。ただ、半年も生理がこないとなると少し重症かもしれません。確かに放っておいても今すぐに何か体に悪いことが起こるというわけではありませんし、将来、より重症になるというわけでもありません。ただ、排卵のない状態を放置すると、50歳を過ぎてから子宮体癌の頻度が増える可能性があります。カウフマン療法といって、薬で規則的に生理を起こしておかれても良いと思います。

お問い合わせフォーム