神戸ARTレディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

検索

Q. 対象となるのはどのような人たちですか?

A. 体外受精が必要な不妊治療の患者さんです。
PGT-Aの対象となるのは、体外受精・顕微授精を行なっても妊娠に至らない、あるいは、妊娠しても、染色体の数的異常が原因の流産、死産を繰り返している人たちです。また、年齢的に治療期間が限られる方も対象になります。
ただし、体外受精の不成功、流産の原因のすべてが染色体の異常ではありません。流産は様々な要因が組み合わさって起こる現象です。また、PGT-Aが可能かどうかも、それぞれのカップルごとに状況が異なっています。
PGT-Aを受ける前には必ず、適切な遺伝カウンセリングを受け、それまでの不妊治療の経過、流産歴などの情報をもとに、PGT-Aがご自分たちにとってどのくらい有効なのかを確認していただきたいと思います。ケースによっては効果があまり期待できない場合もあります。