神戸ARTレディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の原因

子宮の異常

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋層の中にできる良性の腫瘍で、筋肉でできたこぶのようなものです。子宮筋腫の代表的な症状は、月経の量が多い、生理痛が強い、妊娠しにくい、流産しやすいといったことです。

しかし、子宮筋腫の症状の強さは筋腫の大きさや位置によって千差万別です。子宮筋腫があっても子宮の外側にりんごのように突き出しているものならかなり大きな筋腫でも全く症状がなく、妊娠にも影響がない場合もあります。逆に小さな筋腫でも子宮の内側に突き出している筋腫は、月経の量が多く、生理痛も強い場合が多いようです。筋腫が子宮の内側に張り出してくると子宮の内側がでこぼこになって、せっかく受精しても受精卵が子宮の内側に取り付くことができなくなり、不妊症になってしまいます。
子宮筋腫は内診や超音波、腹腔鏡、子宮鏡で診断することができます。
子宮筋腫の治療は手術になりますが、不妊症の方で子宮筋腫が見つかったときにはその筋腫が不妊症の原因になっているのかどうかなど、よく専門医とご相談になってから手術を受けるかどうか決めましょう。不妊治療で問題になることの多い粘膜下筋腫はTCRといって特殊な子宮鏡手術の進歩でお腹を切らなくても摘出できる場合が多くなりました。

子宮腺筋症

子宮の内側の膜にある腺組織が本来あるべきではない子宮の筋層の中にあることによって起こる病気です。月経のたびに出血しますが、出ていくところがないので溜まってしまいます。月経痛が強いのが特徴です。

子宮の形成異常

子宮は形成異常の多い臓器です。子宮の形成異常があるからといって不妊症に直結するわけではありません。子宮は左右のミュラー管が癒合してできますが、これがうまくいかず融合部分が残ってしまった中隔子宮の場合には、ここに着床すると流産の原因になることがあります。

子宮内膜ポリープ

  

子宮内膜ポリープは子宮の内側にできる良性の腫瘍です。不妊症の方によく見つかります。子宮鏡や経腟超音波で発見されます。

着床の妨げになるので、小さいものを除いて、摘出の必要があります。

 

 

 

子宮内膜の癒着

何回も掻破手術を受けられた場合や、お産や流産の後に子宮の内側が癒着してしまうことがあります。着床を妨げてしまいますから、経腟的に剥離する必要があります。

結核

最近では少なくなりましたが、肺結核が子宮に転移すると子宮の内側の膜を破壊してしまい、妊娠できなくなってしまいます。