神戸ARTレディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の原因

卵管の異常

 

  

クラミジアの既往(治癒後)に癒着した卵管

卵管炎、骨盤腹膜炎

細菌やクラミジアによる感染が子宮頚管にとどまっている間は薬で完治させることができますが、感染が卵管に及ぶとことは重大です。卵管の内側の細胞には繊毛という細い毛が生えていて、これが運動して卵子を子宮のほうに運びますが、卵管に感染が起こるとこの繊毛が破壊されてしまいます。また、卵管の出口に感染が及ぶと卵管の出口が癒着して閉じてしまいます。さらにお腹の中まで感染が広がると卵管や卵巣、子宮や腸に炎症が起こってしまい、治った後にも広範囲な癒着を引き起こしてしまいます。こうなると排卵した卵子を卵管が取り込んで子宮に運べなくなりますから、不妊症になってしまいます。

今現在感染による炎症が起こっているという場合には抗生物質などで強力に感染を治す治療をします。

▲ ページの先頭へ

卵管の閉塞、お腹の中の癒着

以前に卵管の炎症を起こしたことがあったり、あるいは盲腸の時に腹膜炎を併発したことがある方は、卵管がつまったり、卵管、卵巣、子宮、腸などが癒着してしまっていることがあります。お腹の中が癒着していてもお腹の上からはわかりません。卵管が完全につまっている場合には子宮卵管造影でわかることもあります。しかし、子宮卵管造影だけではお腹の中の癒着の様子まではわかりませんし、子宮卵管造影に異常が無くてもお腹の中は癒着していることもよくあります。

体外受精の技術が向上し、妊娠率が高くなったので、卵管の癒着や閉塞が不妊の原因として疑われる場合には、卵巣が老化する前、お若い内に積極的に体外受精、胚移植をお勧めしています。