大谷産婦人科 不妊センター

不妊症の検査・不妊症の治療・高度生殖医療・着床前診断

大谷産婦人科 不妊センター

ご案内


不妊症Q&A
質問・相談フォーム
インターネット診察予約
妊娠のしくみ 不妊症とは 不妊症の原因 不妊症の検査方法 不妊症の治療 高度生殖医療(ART) 着床前診断 ご案内 ご安心ください 不妊センターについて 大谷先生の紹介 アクセス・診療時間 高度生殖医療の治療実績 お知らせ リンク BBSトップ
  ご安心ください 不妊センターについて 大谷先生の紹介 アクセス・診療時間
高度生殖医療の治療実績 お知らせ リンク  

お知らせ

◆大谷産婦人科は特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。
大谷産婦人科は特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。体外受精、顕微授精などの特定不妊治療を受けられた際には、自治体の規定に従って、助成を受けることができます。

◆香川県の取り違え事故について。
大谷産婦人科では受精卵の取り違えを防ぐためにバーコードシステムを採用して受精卵の入ったディッシュをコンピューターで照合する、患者様お一人分の受精卵はその方専用の培養室に入れて他の方との混同を防ぐ、受精卵の操作は二人以上で確認する、などの対策をとり、このような事故が発生しない体制になっています。ご安心ください

◆求人のお知らせ。
大谷産婦人科では看護師の求人を致しております。お電話でお気軽にお問い合わせください。

◆ゴールデンウイークの診察について
4月29日は前もって直接お約束させていただいた方だけを診察させていただきます。診察ご希望の場合、診察の際に申し出て頂くか、診察時間中にお電話を頂くかして、お約束くださいね。5月3日は通常の日曜日と同じく診察いたしております。5月4日、5日、6日は午前10時から午後1時まで大谷徹カ院長の一診のみ診察させていただいております。これについては、ネット等で普通にご予約いただけます。

◆日曜日も外来診療をしています。
日曜日の診察時間は午前10時〜午後1時です。

◆着床前診断
平成20年12月14日付の報道によると、日本産科婦人科学は承認した施設で44人に着床前診断を実施して3人しか出産しなかったと発表していますが、大谷産婦人科では染色体の転座をもつ習慣流産患者様63人に着床前診断を実施して、33人が出産されたことを平成20年8月28日に開催された日本受精着床学会学術講演会で発表しており、大谷産婦人科の技術の高さが明らかになっています。

着床前診断は不妊症や習慣流産でお悩みの方が新しい命を育むための技術です。
着床前診断を受けられると、体外受精で胚移植を受けられた後の妊娠率が上がり、御妊娠された後の流産の確率が下がりますし、また、転座による習慣流産の方の次回妊娠の流産率は劇的に低下します。 着床前診断で多数の染色体について、正確な診断をするには、高い技術力を必要としますが、大谷産婦人科では着床前診断の世界のパイオニアであり、世界的に有名な米国のReprogenetics研究所と提携して、現時点で12種類の染色体の検査を95%以上の精度で提供しています。これは、米国でも最新の水準であり、国内のどんな施設よりも高い診断精度です。

着床前診断ネットワークへ


◆ 米国Reprogenetics研究所所長 Santiago Munne博士をお招きして「第2回着床前診断研究会」を開催しました

平成18年5月28日、米国Reprogenetics研究所 所長 Santiago Munne博士をお招きして第2回着床前診断研究会を開催し、着床前診断についてのご講演をいただきました。Munne博士は世界の着床前診断の第一人者ともいえる方で、これまで7000例以上の着床前診断を手がけておられます。大谷産婦人科ではMunne先生と協力して着床前診断を実施しておりますが、参加頂いた大勢の体外受精の専門家の前で、着床前診断には

・体外受精で胚盤胞移植を受けた後の妊娠率を劇的に上昇されることができる
・体外受精後の流産率を有意に減らすことができる
・転座による習慣性流産患者の流産率を劇的に下げることができる
 

などのさまざまな有用性があることを豊富な経験に基づいて、専門的、かつ丁寧に解説して頂きました。また、こういったメリットがある事から米国で着床前診断を受ける患者様の数は急速に増えており、年間7000例と推定されることが説明されました。

◆院長の本が出版されました
院長の著書 「おかあさんになりたい 不妊症Q&A」が角川書店より出版されました。


◆着床前診断の本が出版されました
「はじまった着床前診断―流産をくり返さないための不妊治療―が出版されました
【詳しくはこちらをご覧下さい→】
【読売新聞でも紹介されました→】

◆当院での体外受精、顕微授精がJapan Medicineに紹介されました
医学界の専門家向けの新聞であるJapan Medicineに当院の2段階胚移植、レーザーアシステッドハッチングの高い妊娠率が紹介されました。
【詳しくはこちらをご覧下さい→】


◆プライバシーに十分配慮して診療を行っています
当院ではプライバシーに十分配慮して診療を行っています。診察室に他の患者さんが入られることは原則としてありません。

◆分娩は取り扱っておりません
当院では分娩は取り扱っておりませんが、不妊症の治療で妊娠された方のケアーや習慣性流産の治療は実施しておりますので、ご安心下さい。



トップページへ

大谷産婦人科 不妊センター

 〒657-0051 兵庫県神戸市灘区八幡町2丁目1-23 TEL.078-821-4103 FAX.078-842-1103
 Copyright 1996- Otani Women's Clinic. All rights reserved.