大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の検査

抗精子抗体

抗体とは本来体に入ってきた異物を撃退するために作られるものです。風邪のウイルスや化膿の原因となる病原菌を攻撃するのが抗体の本来の役目です。でも人体は自分に必要なものにまで抗体を作ってしまうことがあります。

精子を動かなくしてしまう抗体を抗精子抗体といい、不妊の原因になっていることがあります。この抗体は男性にも女性にもできることがありますから、不妊の検査をするときには二人とも検査を受けられた方がよいでしょう。ただ、この検査は健康保険がきかないので若干費用がかかってしまいます。検査自体は採血を受けて結果が出るのを待つだけです。

もし女性に抗精子抗体があった場合には体外受精、男性に抗精子抗体があった場合には顕微授精の適応になることが多いようです。