大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

高度生殖医療(ART)

ERA(子宮内膜着床能検査)

ERA(ENDOMETRIAL RECEPTIVITY ANALYSIS)

1.ERA検査の目的

原因不明の反復性着床障害(良質な受精卵を複数回移植しても妊娠に至らない場合)の原因として胚盤胞を移植した時に子宮内膜の【着床の窓】が開いていない場合が多いという報告が2014年にスペインのIVI Valenciaという施設から発表されました。
【着床の窓】つまり子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるというものです。当院ではERA検査をすることにより各患者様における【着床の窓】の結果から移植の時期を判断し、妊娠・出産をしていただくため実施しております。

2.ERA検査の背景

これまでは【着床の窓】が開いているかどうかを知る手段として子宮内膜日付診(組織学的基準に基づく方法)というものが一般的でした。しかしこの検査では正確に判断し移植時期を決定できるものではありませんでした。ERA検査は患者様の子宮内膜組織より抽出したRNA産物をNGS(次世代シーケンサー)を用い、236個の発現遺伝子を解析することにより【着床の窓】を明らかにすることが可能になりました。ERA検査を受けられた方の30%近くが【着床の窓】の時期がずれていたという結果が分かってきております。

3.ERA検査の方法

例として、ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモン(P)投与開始日を0日とし、5日目(P+5)に子宮内膜を採取します。自然周期の場合は排卵日から5日目(LHサージまたはhCG投与から7日目ーLH+7、hCG+7)に子宮内膜を採取します。この検査周期では移植は行いません。なお、こちらはあくまでも推奨例であり、患者様と当院医師による最適な周期において子宮内膜採取を行っております。なお、子宮内膜を採取するため若干の出血、痛み等を伴う場合がございます。

4.ERA検査の結果

子宮内膜を採取した時期の結果がReceptiveの場合、【着床の窓】には問題がなく良質な胚盤胞をこの時期に同じ条件にて移植していくことにより妊娠が期待できます。Non‐Receptiveとの結果が出た場合は、再検査が必要となります。この場合、検査結果には次回検査時の子宮内膜採取のタイミングの指示が記載されています。再検査の結果を確認することで患者様個人の最適な移植時期を特定できますので、次回以降の同条件の周期にて良質な胚盤胞を移植します。 再検査によって最適な移植時期を特定した「個別化された胚移植」を実施した結果、妊娠率が24%向上したと報告されています。

 

費用は12万円(税別)(当院で体外受精、胚移植を受けておられる方のみ)になります。

 

ERAを特許下に実施しているスペインのigenomix社の日本語ウェブサイトはこちらから