大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症とは

習慣性流産(不育症)

習慣性流産の原因

流産はとてもつらいものですが、残念なことに頻度もかなり高い事が知られています。全妊娠の15〜20%が流産に終わります。また、3回以上続けて流産される方も1〜2%いらっしゃいます。3回以上流産された方の場合、次の妊娠も流産に終わってしまう確立が50%以上あり、これを予防するための検査、治療が必要です。

習慣性流産の原因としては以下の項目があげられます。

・黄体機能不全
15%
・抗リン脂質抗体症候群 などの免疫異常
22.5%
・子宮形態異常(中隔子宮など)
10%
・子宮内腔の癒着
5%
・染色体異常(男性あるいは女性のいずれか)
8〜10%
・甲状腺機能低下症
3.5%
・子宮内膜感染症(クラミジアなど)
0.5%
・原因不明
30〜40%

習慣性流産の検査

  • ・基礎体温表
  • ・黄体期の女性ホルモン
  • ・血中ブロラクチン
  • ・甲状腺ホルモン
  • ・APTT(活性化部分トロンボブラスチン時間)
  • ・ループスアンチコアグラント
  • ・抗カルジオリピン抗体lgG
  • ・抗カルジオリピン抗体lgM(自費)
  • ・抗フォスファチジルエタノールアミン抗体lgG(自費)
  • ・抗フォスファチジルセリン抗体lgG(自費)
  • ・第12因子(自費)
  • ・不規則抗体(自費)
  • ・抗核抗体、抗DNA抗体
  • ・抗SSA抗体、抗SSB抗体
  • ・染色体検査(自費)
  • ・子宮卵管造影
  • ・子宮鏡検査
  • ・子宮内膜の感染の検査
  • ・プロテインS(自費)
  • ・プロテインC(自費)
  • ・アンチトロンビンIII(自費)

習慣性流産の治療

  • ・低用量アスピリン療法(バッファリン)
  • ・ヘパリン療法
  • ・ステロイドホルモン(プレドニン)
  • ・柴苓湯(サイレイトウ)
  • ・黄体ホルモン、排卵誘発剤などによる黄体機能不全の治療
  • ・甲状腺ホルモンの服用
  • ・テルロンなどによる高プロラクチン血症の治療
  • ・子宮内視形成手術
  • ・抗菌剤内服

大谷レディスクリニックでは習慣性流産の多くの方が治療によって元気な赤ちゃんを授かっておられます。

着床前診断ネットワーク