大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症とは

不妊症とは

日本では特に避妊をせず、普通の夫婦生活を2年続けられても妊娠されない場合を不妊症と定義しています。ただ、世界的には1年経っても妊娠されない場合を不妊症と定義するのが一般的です。これは治療を受けない場合、1年間で妊娠される確率が80%、2年間で妊娠される確率が90%であるのに対し、3年目に自然に妊娠される確率はかなり低くなってしまうからです。

なぜ、私たちだけが不妊症で悩まなければならないのかとお考えかもしれません。実は非常に多くのカップルが同じ悩みをお持ちなのです。赤ちゃんの誕生を望まれながらも妊娠されないカップルは10組に1組いらっしゃいます。

最近では女性の社会進出で妊娠、出産を先延ばしにされるご夫婦も多くなりました。ただ、女性の妊娠しやすさは加齢とともに下がってしまいます。妊娠されにくい場合には早く検査、治療を受けられた方が妊娠の確率が高くなります。ご結婚後1年を経過されても妊娠されない場合には基本的な検査を受けられて、必要なら治療をお受けになることをお勧めします。

妊娠されにくい原因は、「不妊症の原因」のページでご説明しているとおり様々です。無論、不妊の原因は女性の側にだけあるだけではありません。女性の原因と男性の原因はほぼ半々です。ですから、不妊の原因を調べて適切な治療を行うには夫婦のご協力が必須です。