大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

大谷レディスクリニックのご案内

大谷院長のご紹介

生命(いのち)の誕生とその感動を分かち合いたいと思います

願いがかなって尊い生命が宿ることは、私どもにとっても無上の喜びです。この喜びをあなたとともに分かち合いたいと願っています。当センターでは、まずタイミング指導、ホルモンのバランスの改善など自然妊娠を可能にする身体と心の環境を整える治療を優先します。そして一人ひとりのペースや希望に合わせて治療を行い、かつ必要に応じてレベルアップしていきます。その際には、それぞれの治療のメリット、デメリットをじっくりとご相談するインフォームド・コンセントを重視しています。一般不妊治療から人工授精、体外受精、顕微授精まで、最終的には赤ちゃん誕生を願うすべてのご夫婦の望みがかなえられることを目指しています。

院長 大谷徹郎 医師院長 大谷徹郎 医師

Profile

1979年
神戸大学医学部卒業
1984年
神戸大学医学部大学院博士課程修了
女性のホルモンの内分泌に関する研究で医学博士号を授与される
1984~88年
ワシントン大学医学部留学、女性のホルモンの内分泌に関する研修
1992~93年
メルボルン大学医学部附属ロイヤル・ウィメンズ・ホスピタル留学、体外受精・顕微授精、腹腔鏡に関する臨床研修
1993年
ドイツ・キール大学医学部留学、腹腔鏡に関する臨床研修
1995年
神戸大学医学部附属病院 助教授
1988年
厚生労働大臣より臨床修練指導医に認定される
2000年
大谷産婦人科不妊センター 院長

院長 大谷徹郎 医師

Career

  • 日本不妊学会評議員
  • 日本内分泌学会代議員
  • 米国産婦人科学会(ACOG)国際会員
  • 米国不妊学会(ASRM)会員
  • ヨーロッパ不妊学会(ESHRE)会員
  • オーストラリア不妊学会(FSA)会員
  • 1985年度 近畿産科婦人科学会賞受賞
  • 1998年度 兵庫県産科婦人科学会賞受賞

著書

標準産科婦人科学(医学書院、共著)のほか、はじまった着床前診断(はる書房、共著)、おかあさんになりたい(角川書店)、新女性医学大系VII,XII(中山書店、共著)など、和文8編、欧文6編論文/米国不妊学会機関誌(Fertility and Sterility)などに欧文24編、和文33編

Press

はじまった着床前診断

—流産をくり返さないための不妊治療—
海外では1000例以上の成功をおさめ、赤ちゃんを望むご夫婦の夢を叶えている「着床前診断」。日本では認められていないこの着床前診断について、当産婦人科の院長・大谷徹郎医師と遠藤直哉弁護士が検証し、語りかけます。

» 詳細(PDF)

» こちらからも、お求めいただけます

院長 大谷徹郎 医師

体外受精卵の着床前診断 出産率が大幅に上昇(読売新聞 H17.5.30)

» 掲載記事

着床前診断についてのインタビュー記事

(日経メディカル H16.12月号)

第一線で診療に関わる臨床医のための医学・医療情報誌。2004年12月号の「これだけは言いたい」のコーナーで、当産婦人科の院長・大谷徹郎医師が着床前診断の実施についての根源的な思いを熱く語っています。

» 掲載記事

院長 大谷徹郎 医師

1採卵当たり約60%を達成(Japan Medicine H15.1.20)

» 掲載記事

凍結卵子利用不妊治療 神戸の医院でも実施(毎日新聞 H12.8.24)

» 掲載記事

最先端の不妊治療紹介 医師らを対象にセミナー開催(毎日新聞 H12.8.25)

» 掲載記事

医療ルネサンス~凍結未受精卵で顕微授精を実現~ (読売新聞 H12.9.15)

» 掲載記事

生命ビッグバン~未受精卵を凍結保存~(産経新聞 H12.10.23)

» 掲載記事

おかあさんになりたい 不妊症Q&A

不妊治療の草分け的存在として知られる当病院の院長・大谷徹郎医師が、不妊に悩む方々のために書き下ろした初の著書。

実例のケースを交え、赤ちゃんを授かるまでのステップを優しい言葉で綴っています。

» こちらからも、お求めいただけます

院長 大谷徹郎 医師

生命ビッグバン

産経新聞の「生命」取材班による記事を集約。本文中で大谷産婦人科不妊センターの不妊治療技術についての紹介文が掲載されています。

院長 大谷徹郎 医師

大谷徹郎院長が取材を受け、NHKの「サイエンスアイ」やテレビ東京の「ニュースアイ」でも、大谷産婦人科不妊センターの不妊治療が取り上げられました。

院長 大谷徹郎 医師