大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

大谷レディスクリニックのご案内

大谷レディスクリニックについて

メルボルン大学教授 Alex Lopata先生と

当クリニックではこれまで不妊症でお悩みの大勢の患者さんが幸せをつかまれるお手伝いをしてきました。

少しでも多くの患者さんに幸せをつかんでいただくために、大谷徹郎医師は1992年には世界で2番目に体外受精に成功したオーストラリア・メルボルン大学附属ロイヤルウィメンズホスピタルに臨床フェローとして1年間留学、1993年には腹腔鏡手術の世界的な権威であるゼム教授の主宰するドイツ・キール大学産婦人科に留学して、最新の不妊治療の研修を受けました。
その成果を生かして、神戸で初のICSI法による顕微授精に成功しました。


一般的な不妊検査、治療はもちろん、体外受精や腹腔鏡手術などによって多くのご夫婦が幸せをつかむお手伝いをしています。
また、常に最新の設備を導入し、新しい技術を取り入れて妊娠率の向上に努めています。
私たちは、患者さんの負担を減らして高い治療効果を得ることができるよう心がけています。

いつも最新の技術を取り入れている私どもの不妊治療はNHKをはじめ、新聞各紙で紹介されています。
» 大谷院長のご紹介ページへ


身体と心に優しい検査、治療を

当クリニックでは快く、安心して治療に専念していただくために、安全で痛みのない治療を心がけています。無理のないスケジュールで、かつ的確な時期に血液検査、超音波検査、卵管造影、男性の検査などを行います。検査の結果に応じてタイミング指導、女性ホルモンのバランス改善、排卵の確立、などその方に合わせた治療を実施しています。体外受精、顕微授精などの高度生殖医療を除くほとんどの検査、治療に健康保険が適応されます。

赤ちゃん誕生の瞬間を見守るクリーンルーム(培養室)

エアシャワーで体を清めないと入れず、外界の塵を持ち込まないよう入れ設計されており、また、常に高性能HEPAフィルターを通した空気を循環させているクリーンルーム(培養室)では、常に最高水準の機器・設備が整えられ、最高レベルの妊娠率が得られるようにベストの培養液などの薬剤を世界から取り寄せています。不妊治療のための高度なトレーニングを受けた女性スタッフが、より安全に、体外受精、顕微授精など妊娠のためのプロセスに情熱をもって取り組んでいます。その結果、当クリニックでは全国平均をはるかに上回る成果を上げています。

培養士、看護師は全て女性ですので、採卵、胚移植などの時に医師以外の男性が立ち会うことはありません。

あたたかいケアを心がけています

治療方針について、ご夫婦と医療スタッフが充分な時間をとって話し合うインフォームド・コンセントに力を入れています。治療方法について深くご理解いただき、積極的に取り組んでいくための大切なプロセスだと考えています。


もちろん、無事に治療のステップを終え、待望の妊娠が確認されたあとも、妊娠初期の異常についてきめ細かいケアを心がけています。当クリニックでは、分娩は取り扱っておりませんが、関連施設に1日24時間看護婦が待機しており、いつでも患者さんにコンタクトを取っていただける体勢で、ご安心いただける医療体制を整えています。不妊治療による妊娠でのちょっとした出血や、妊娠中にわからないこと、不安なことがあれば、いつでも何でもお気軽におたずねください。できる限りの、身体へのケア、心へのケアをさせていただきます。

特定不妊治療費助成事業について

大谷レディスクリニックは神戸市、その他多くの自治体の特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。
体外受精、顕微授精などの不妊治療を受けられた場合、自治体の規定に従って助成を受けることができます。