大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

大谷レディスクリニックのご案内

医師紹介

院長 大谷 徹郎(おおたに てつお)

院長 大谷 徹郎(おおたに てつお)

自分自身が不妊症に7年間悩んだことから、主任教授より不妊担当を命じられたのが不妊治療を専門とするようになったきっかけです。
不妊症のつらさはよくわかりますので、新しい命を授かられるお手伝いをさせて頂ければ、これ以上の喜びはありません。

1979年 神戸大学医学部卒業
1984年 神戸大学大学院博士課程修了 医学博士
米国ワシントン大学、オーストラリア メルボルン大学附属ロイヤルウイメンズホスピタル生殖医療科、ドイツキール大学医学部産婦人科に学ぶ
1995年 兵庫県で最初の顕微授精に成功
1996年 神戸大学医学部附属病院助教授
1997年 日本初の腹腔鏡下子宮筋腫核出術に成功
2000年 大谷産婦人科 不妊センター 院長
2011年 大谷レディスクリニック 院長
院長 大谷 徹郎

副院長 森山 俊武(もりやま としたけ)

副院長 森山 俊武(もりやま としたけ)

院長が絶対の信頼を置く優秀な医師で、極めつけの秀才ですが、それを感じさせない暖かいキャラクターの持ち主です。

1994年 神戸大学医学部卒業
2000年 神戸大学大学院博士課程修了
医学博士 米国ハーバード大学に学ぶ

神戸大学医学部附属病院助手、同周産母子センター副病棟医長、鐘紡記念病院医長、神鋼病院医長を歴任

副院長 森山 俊武

大西 真砂子(おおにし まさこ)

産婦人科医療に幅広い経験があり、体外受精など不妊治療にも深い知識があると共に、ご自身も大谷産婦人科での不妊治療でご出産。
医師として、患者として不妊症の方の気持ちがわかる女性医師です。

1992年 神戸大学医学部卒業
1998年 神戸大学大学院博士課程修了 医学博士

神鋼加古川病院医員、国立神戸病院医長、県立淡路病院医長、県立こども病院周産期科医長などを歴任して2006年川西市民病院産婦人科部次長

大西 真砂子

北川 勝(きたがわ まさる)

神戸大学病院、国立加古川病院、成人病センター医長などを歴任後、 あさぎり病院にて不妊部門を開始し、英ウイメンズクリニック副院長、石田病院副院長にて長年不妊治療にたずさわっています。 IVFから一般不妊治療また卵管鏡まで幅広い治療に取り組まれてきた方です。

1987年 島根医科大学卒業
北川 勝(きたがわ まさる)