大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

高度生殖医療(ART)

受精卵の凍結保存

胚移植に際して子宮に戻す受精卵の数は通常は1〜2個までです。これは多胎妊娠を防ぐためですが、もし、良好な受精卵や胚盤胞が余った場合には凍結保存しておくことができます。こうすれば万一、最初の胚移植で妊娠されなくても、凍結した受精卵を解凍して、2回目、3回目の胚移植を行うことができます。また、採卵した周期にホルモンのバランスや子宮内膜の状態が悪い場合にも受精卵を凍結保存しておいて、状態の良いときに胚移植することが可能です。

受精卵は-196℃の液体窒素の中で、何年でも保存できます。おひとり目のお子さまが誕生された後、これらの凍結卵でお二人目の妊娠を考えることもできます。

凍結保存の方法には従来法(slow cooling法)とガラス化法(vitrification法)がありますが、最近のガラス化法の進歩で、殆ど受精卵に影響なく凍結、解凍できるようになったので、現在、当クリニックでは殆どの場合、ガラス化法で凍結保存しています。

凍結受精卵を子宮に戻す際には、自然周期で排卵した後に胚移植する方法と、ホルモンを補充して子宮内膜を分厚くしてから胚移植する方法があります。排卵や子宮の状態によっていずれかの方法を選択します。