大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

高度生殖医療(ART)

レーザー アシステッド ハッチング (LAH)

卵は透明帯という膜に覆われています。受精した卵は透明帯の中で分割しながら成熟し胚盤胞という状態になります。この胚盤胞が子宮に着床する前に透明帯を破って外にでなければなりません。これをハッチング(孵化)と呼びます。

透明帯を破ってハッチング(孵化)しかけている胚盤胞

ところが透明帯が厚かったり、硬かったりすると透明帯を破れなかったり、破るのに時間がかかってしまう可能性があります。透明帯から受精卵がでることができなければ着床できなくなってしまいます。そこで受精卵が透明帯を破るのを助けるためにアシステッド ハッチングが考えられました。アシステッド ハッチングでは胚移植する前に透明帯を薄くしておきます。以前はタイロードという酸を透明帯に吹き付けてアシステッド ハッチングを行うことが多かったのですが、酸の受精卵への悪影響を指摘する論文もあります。当クリニックでは正確に透明帯を薄くすることのできるレーザーを使用してアシステッド ハッチングを行っています。レーザーは透明帯だけに照射しますから受精卵に悪影響を与えることはありません。レーザー アシステッド ハッチングを行うと着床が早まり、妊娠率が上がります。高齢の方や以前体外受精に失敗された方、凍結卵の胚移植の場合などに特に有効です。