大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の治療

抗精子抗体による不妊の治療

抗体は本来病原菌などの異物を排除するために作られます。ところが精子を標的とした抗体が体の中にできてしまうことがあります。こうなると精子が子宮の入り口から入って行けなくなったり、あるいは精子が入ってきても卵管にたどり着けなくなってしまったりします。

精子を標的とした抗体を抗精子抗体と呼びますが、もし抗精子抗体が陽性でも妊娠をあきらめる必要は全くありません。抗体の濃度が低いときには人工授精で妊娠できますし、抗体の濃度が高くて精子が卵管まで進むことが全くできない場合でも体外受精や顕微授精で妊娠が可能です。女性に抗精子抗体がある場合には体外受精、男性に抗精子抗体がある場合には顕微授精の適応になります。