大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

不妊症の治療

子宮頚管因子による不妊の治療

子宮頚管に炎症などがある場合には、原因を検索して、もしクラミジアや細菌などが感染してれば抗生物質で治療します。

抗精子抗体のために子宮頚管に精子が入れない、あるいは入っても動かなくなってしまうというときには、抗体の濃度が低ければ人工授精で治療します。抗体の濃度が高ければ体外受精、顕微授精による治療が必要です。

抗精子以外の原因で子宮頚管の中に精子が入らないという場合には精子を洗浄して元気な精子だけを選んで子宮の中に入れる人工授精を受けていただくとよいでしょう。人工授精は排卵の直前に行います。