大谷レディスクリニックでは、不妊治療に精通したスタッフが一般不妊治療・体外受精・顕微授精など、不妊でお悩みの方のための治療に取り組んでいます。

お知らせ

日本産科婦人科学会が大谷徹郎医師の処分を検討しているとの報道がありますが、診療、体外受精、助成金等には影響がありません

日本産科婦人科学会が私、大谷徹郎の「処分」を検討しているとの報道がありますが、日本産科婦人科学会は民間の団体で、日本産科婦人科学会の会告等には法律のような強制力はありません。実際の所、日本産科婦人科学会はねつ造論文をもとに会告を決めたり、ねつ造論文の著者が倫理委員会の委員だったりと、問題の多い団体です。このような団体に流産しにくい治療を受けるという患者様の基本的人権を侵害する権利はありません。

なお、日本産科婦人科学会の「処分」は不妊治療、着床前診断、体外受精、特定不妊治療助成金等には全く影響がありませんのでご安心ください。 私は今後も不妊・不育でお悩みの方の患者様の治療に全力を注いでいく所存でございます。 よろしくお願い申し上げます。